鮎づくし

前回記事の岐阜で良い夜過ごした後は岐阜市内のホテルに宿泊しました。

その翌日はホテルを速くに出発して東京に戻りつつ、魚を買いに静岡県内の漁港に寄るつもりでした。
しかし、天気予報では台風が東海から関東にかけて直撃するとの予報。。。
魚を買うのは諦めて、岐阜市内でランチに美味しい物を食べて早い時間に帰ろうということになりました。
そこで岐阜に来たら鮎でしょ~!!!
という事で鮎を食べさせてくれるお店をランチ時間直前に電話で予約しました。
三連休の中日で鮎のベストシーズンだけあって早い時間か遅い時間しか空いていないとの事。
早い時間に予約をして、ホテルをチェックアウトしました。

予約したの長良川の河畔の古い町並みの中にある河原町泉屋さん

岐阜で捕れる鮎を食べさせてくれるお店です。
以前からH氏を連れてきたかったお店♪

最初にドリンクをオーダー

長良川サイダー
長良川のお水を使っていて甘味が優しいサイダーです。
この売上の一部が長良川に必要な森林保護に使われるそうです。

予約時にオーダーしていたコースの食事が次々と運ばれてきました。

前菜盛り合わせ。
一番右に鮎の熟れ寿司がありました。
私はこれ大好きです。お酒が欲しくなりますよ。。。
H氏は熟れ寿司は苦手と言っていましたが、私が絶対美味しいよ!!とゴリ押しするので恐々食べてみたら
「これは美味しい♪」だって(笑)
で、やっぱりお酒がいるねー。。。との感想です。


焼き鮎の笹巻き寿司
これは上品な味付けながら焼いた鮎が引き立っていました。


鮎塩焼き
炭火でジックリと焼いてあるので頭から尻尾まで食べる事ができました。
鮎はこの食べ方が一番です!!!



若鮎天ぷら
一人前でこの量!
これで2人分でもう一品あっても良いのでは???と思えました。
美味しいからペロッと食べちゃいましたけどね。



鮎ぞうすい
優しいお出汁に鮎の味がマッチしていてホッとします。


鮎ラーメン
お願いしていたコースでは最後は鮎雑炊なのですがH氏だけ追加料金で鮎ラーメンにしてもらいました。
この鮎ラーメンがこのお店一番のおススメメニューです。
初めて食べたH氏は上品なお出汁と麺の美味しさに感動しておりましたよ。

お腹に余裕があるときはトッピングの鮎の開きを半分残しておいて麺を食べ、そこにご飯を入れて鮎をほぐして即席鮎雑炊にすると絶品なんです。
この日はお腹が一杯になってしまったH氏、次回は〆のご飯まで食べる!と今から意気込んでいます。


鮎を炭火で焼く焼き台の上には鵜飼で活躍する鵜と鵜が入るカゴがディスプレイされていました。

岐阜長良川の鵜飼いは宮内庁管轄で行われる唯一の鵜飼いです。
金華山山頂の岐阜城をバックに幻想的な漁が5月から10月かで行われています。
今年は観に行けなかったけど、来年は鵜飼見物も予定に入れて帰省したいな。。。



鮎を食べる前に少し時間があったのでお店近くにある玉井屋さんに行きました。

老舗の和菓子屋さんです。

お目当てはコレ


登り鮎
長良川を遡上する鮎を模した姿が愛らしい♪
カステラ生地の中には求肥が入っています。
私は子どもの頃からこのお菓子が大好きなので自分のお土産に買ってきました。
今はすぐに買えないので一つ(一匹)ずつ味わって食べています。



台風で予定変更がありましたが、美味しい岐阜グルメを楽しめて幸せでした~。







参加しています。
読んだよ~のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

TONさま。

うわうわうわうわ、鮎が様々な姿に!
塩焼き、ラーメン@、@ 岐阜って良いところですね。。先日もseppさんに三本足に行きたい!と言っておりました。
素敵な休日、羨ましいです!!

laraさま♪

鮎といえば塩焼き!なんて感じですが、色んな食べ方出来るのですよ~。。。
実はお刺身も美味だったりします。
来年の鮎シーズンに岐阜グルメツアーご一緒どうですか?
お仕事の方は週末岐阜集合で私たちは前入りしちゃうってのもアリかと。。。(爆)
プロフィール

TON

Author:TON
ここちいい毎日を過ごしたくて
すきなこと
すきなもの
すきなひと
そして自分
に寄り添っていきたい私の色々を綴ります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示