釜山4~2012

釜山3日目も朝はのんびり。。。
ブランチがてら出かけた先は前日と同じチャガルチ市場。
大通りでタクシーを降りて沢山のお店が並ぶ通りを散策しながらこの日最初の食事のお店を探します。
ガイドブック片手に記号のようなハングル文字をたよりにお店を探すおのぼりさん。。。
で、ココかな~???と思ったお店で声をかけてみると、
私の手にあるガイドブックを見て入口にいたおばさんが奥のおばさんに声をかける、
奥にいたおばさんの手招きのまま突き進んで、言われるままに席に座り、言われるままに注文。
と、言ってもメニューあんまりないのですけどね。


出てきたのは大きなまるいアルミのお盆に乗ったナムルなど惣菜色々と麦飯〈ポリパプ〉
どのように食べるのかをおばさんがレクチャーしてくれて、麦飯にナムルやキムチを入れて、
しょっぱくて何やら臓物の入った味噌汁をかけて混ぜ混ぜ。。。ピビムパプに。


麦飯ピビムパプと一緒にシジミ汁〈チェチョプクク〉をいただきます。
麦飯もシジミ汁もとても美味しくて、身体に優しいブランチでした。

この日はのんびり過ごすと決めていたので、観光客の少なそうな松島(ソンド)ビーチに向かいました。
お昼前に到着したのでまぁまぁの人出。。。
ビーチにはパラソルが沢山立ててあり、そのパラソルを借りるためにお兄さんに声をかけ
シートを購入して案内されたパラソルでのんびりする準備をします。

現地のみなさん、あまり水着きてないんです。
水着着ないで海に入ってます(汗)

あの~一応水着持参なんですが~。。。

海の水があまり綺麗でないとの理由を見つけたので結局着替える事なく寛ぐ準備。


まずはやっぱりこれよね、ビール。。。


ビーチの全貌はこんな感じ。
海雲台(ヘウンデ)と比べると人も少ないし、騒がしくないので、
ビール呑みながら昼寝したりiPadで遊んだりして何時間もここで過ごしました。

陽が傾いてきたところで小腹が減ってビーチ前のカフェへ

チェーン店と思われるこのお店でカフェラテとサンドウィッチを

軽くお腹を満たしたところでビーチ近くにある松島ヘスピアというスパ施設で垢すりしてもらいました。
ここは日本でいうスーパー銭湯のような感じでお風呂に入ったあとに皆で寛いでいましたよ。
私たちも水を飲みながら寛いでそこから見える橋のライトアップを少し楽しみました。

お風呂で汗を流してスッキリしたあとは釜山最後の夕食へ。
向ったのは西面(ソミョン)にあるお店。
繁華街から離れていて暗いのでちょっぴり不安になりながら地図を頼りに歩いて向かいます。
で、見つかったお店は日本語の話せるご夫婦が切り盛りしていました。
私たち以外にお客さんがいなかったので親切に色々と教えていただき、
適当な量の食事をオーダー


最初に出てきたのは海鮮チヂミ。
その向こうにはお決まりの惣菜諸々。
海鮮チヂミのカリッ、フワッな食感が最高
お惣菜のどれも美味しい


このお店、一番のメインがこれ。
ワタリガニの醤油漬け〈カンジャンケジャン〉
日本で辛いのは何度も食べたことあったのですが、醤油漬けは初めて。
もう、その美味しさに手が止まらず。。。
最後は女将さんのアドバイスで甲羅にご飯を入れて甲羅に残った味噌と混ぜ混ぜ。
絶品です!!

テレビでオリンピックを見ながら世間話をしての食事。
アットホームで美味しい、これ最高です。
これまた再来希望のお店でした。


翌日の朝、荷物をパッキングしてから向かった釜山最後の食事はアワビ粥だったのですが、
ここは日本人だらけ~。。。
でもとても美味しいお粥とウニのスープを頂きました。
、、、が、なぜか写真を撮っておらず(涙)


最後はとんだ落ちがありましたが、
今回の釜山の旅、リラックスして美味しいもの沢山食べて大満足の3泊4日でした。

ここちいい時間と空間、食、人、全てにありがとう



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

釜山って結構なリゾート地なんですね~。お料理もおいしそうだし、ブログを拝見してていってみたくなりました。主人に、来年の海水浴は釜山もいいんじゃない?とリクエストしたら、贅沢すぎると却下されました(笑)

kikoさん♪

釜山は日本から一番近い海外リゾートです(^^)
お料理も辛いものばかりでないし、お安いし。
子連れでも困りません。
お勧めですよ~(^O^)/
プロフィール

TON

Author:TON
ここちいい毎日を過ごしたくて
すきなこと
すきなもの
すきなひと
そして自分
に寄り添っていきたい私の色々を綴ります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示