マイセン美術館へ

急に初夏の陽気ですね。
残っていた冬物を全て洗って干してスッキリ気分での投稿です♪




ゴールデンウィーク旅行の続きです。。。

一服旅行二日目。
1日目に宿の場所を捜しているときに急な坂道を下りていて少し膝が痛くなりました。
以前に比べて電車移動が増えて、少しは足腰が鍛えられていると思っているのですが、平地と坂道とでは疲れ方が随分違いますね…それも下り坂は膝に負担がかかると初めて知りました。
宿の温泉で疲れを癒してしっかりストレッチしたので、翌日は少し違和感を残すだけで済みました。

それでも無理は禁物なので、この日は遠くへの移動はやめてガイドブックで宿から近くにあると見て興味があった、《マイセンアンティーク美術館》に行く事にしましたよ。

この入り口とお庭を見て、数年前に車で家族旅行に来た時に通りかかった事を思い出したのと同時に、某ビフォーアフター番組でお庭のリフォームが放送されていた事を思い出しました。


東京の青山にあった邸宅を移築され、その後持ち主が何度か変わって今に至ったという洋館はその姿だけでなく、内装・建具もとても素敵。。。


建物入口までのアプローチから観える花壇には白いお花でマイセンの窯印になっています。
マイセンの双剣の窯印のまわりにあるちょっとした印で作られた年代がわかるそうなのですが、この花壇の双剣の周りにもそれらしくお花があしらわれています。
うーん、何年位のをモチーフにしているのかしら。。。


建物入口
美術館案内には某ビフォーアフター番組で庭園のリフォームをされたことも書いてあります。


建物に入ってすぐからマイセンの素晴らしい作品達に魅了されました。
途中ではマイセンを紹介するビデオを最初から最後まで鑑賞して、マイセンへの興味は増すばかり。。。
日本の柿右衛門や中国からの影響も少なくないマイセンの絵付けの数々、、、
その繊細な工程、、、
受け継がれるシリーズだけでなく新しいシリーズもどんどん取り入れ、それは職人というより芸術家といってもの良い一人一人の手によるもの。。。

ため息が出るほど素敵。。。

ミュージアムショップでオーナーにお会いして色々とお話を伺う事もできました。
オーナーのマイセンに対する思いはとても強く圧倒されるほど。。。

シリアルナンバーの入った貴重なシリーズやマイセンの看板シリーズなどデパートでも観た事のない数々を実際に見せて頂く事もできました。
どれも気軽にお迎えできる金額でないので見せて頂くだけですが。。。

以前にウィーンのアウガルテンのお店に行ったときもため息しか出ませんでしたが、この時は頑張って自宅のお土産にとデミカップをお迎えしました。
この日もデミカップをお土産にと思いましたが選びきれなかったのとそのお値段にビビり、、、
海外旅行だと勢いで思いきれるけど日本だととても思いきれないお値段。。。


そんなこんなしているうちに良い時間になったので、隣接するレストランでランチを頂く事にしました。

旅館としても使われている、それらしい佇まいの入り口。


庭園を見下ろすお席でした。


先付
タラの芽のフリット、スモーク塩添え
少し深さのあるガラスの器に花や葉があしらわれていてそれをラップで覆った上にタラの芽のフリットがのっていました。このアイデア良いな、、、


スパークリングワインも頂きます


サラダ


取り皿は現代マイセン!
H氏がサラダを綺麗に取り分けてくれます。
我が家ではシェアする時に取り分けるのはH氏の役目。。。


ゴルゴンゾーラのニョッキ
やっぱりマイセン美しい。。。

美味しく食事を頂いて再び美術館へ。


この庭園で食後のコーヒーを頂きたかったのですが、風が強かったので室内で頂きました。
室内のカフェスペースはアンティークのマイセンを間近で見れてとても贅沢です。


カプチーノを頂いた器も現代マイセン。〈波の戯れ〉シリーズのもの。
とても口当たりが良く、コーヒーでも紅茶でも対応できるカップ。
2人ともとても気に入ったのとお迎えできるお値段だったので帰る前にショップに寄ってお迎えしました。


《マイセンアンティーク美術館》は勉強になるだけでなくとても目の保養になりましたし、時間がゆったりと流れる中で贅沢に過ごせたおかげで心に栄養を沢山頂けた気がします。

《マイセンアンティーク美術館》を後して駅に向かって歩きながら次の行先を相談。
お花が見れる強羅公園があるということでそこに前日観れなかったお花を観に行きました。

が、入口のツツジ以外はやはり早く、、、(汗)薔薇はもちろん、藤も咲いてない(涙)
温室のハーブとブーゲンビリアなどは楽しく観る事ができました。(写真撮らず)

広い公園内を廻って疲れた所で強羅公園あとにして、箱根湯本に移動。。。
自宅お土産にと干物を大量購入し、日にち指定で配送をお願いしたら、あっという間に良い時間。


実は、今年に入ってからお寿司が食べたい!と事あるごとに言っている私。。。
しかし、近所のお寿司屋さんを知らないのでなかなか食べれず。。。H氏は出張先で食べてるらしいケド。。。
帰る前にお寿司を食べる!!←疲れて帰ってご飯作りたくないし、、、
というユルイ目標もあったので、お寿司を食べる為に小田原で途中下車しようと決めました。
移動中にお寿司屋さん検索。。。スマホってこんな時にかなり便利です♪

小田原駅近くのお寿司屋さんにて刺身盛と地物魚の握りなどを美味しく頂きました。

このお店、日本酒の種類が豊富でつい何杯も頂いてしまい、帰る頃には2人で酔っ払い。。。

奇跡的に2回の乗り換えをこなし、最後の最後で眠ってしまい最寄駅を乗り越すという失態を犯しましたが、無事自宅に帰り着きました~。


今回の旅行、いくつかの行きたい場所候補はあったものの、殆どを移動中に決めて急ぐ事なくその場をじっくり楽しむ事ができました。
今回は箱根の中の狭い範囲しか移動せず、箱根湯本から使った駅は小涌谷、彫刻の森、強羅のみ。。。
H氏いわく、狭い範囲でじっくりと時間を過ごすのは贅沢な旅の方法だね。。。
との事。
私もそう思います。




2人の好みのここちいい旅の方法がここにきてようやくわかってきました。




参加しています。
読んだよ~のクリックいただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

おいしいたのしい旅を満喫できてよかったですね!!
やっとお寿司もいただけてフィニッシュも完璧です^^

そして、マイセン☆
写真の白いプレート、とっても素敵!
私もお迎えしたいくらいです、絶対無理だけど(笑い)
料理を引き立てるって本当ですよねぇ。
今頃、波の戯れのティーカップでおいしくお茶をいただいているでしょうか。

マイセンアンティーク美術館、私もいつか訪ねてみたいです。

Re: ケストナーさん♪

コメントありがとうございます。
車移動での旅が多いので今回は疲れましたが、美しい物や美味しい物が堪能できて良い時間を過ごせました。

マイセンのカップ、自宅に送って頂いたのですがまだ梱包から開けていないのです。。。
その理由はあとで更新する記事で書きますね。
あのカップを初めて使うときは感激ひとしおのハズです(^^)

白の器、実物は本当に素敵で我が家もいつかお迎えしたい!!絵付けのものよりは随分お求めやすいお値段です。(それでも高価には違いないですが。。。)
マイセンは絵付けが素晴らしいのでいつかは絵付けの器をお迎え出来るようになりたいですがいつになるやら。。。

マイセンアンティーク美術館、箱根に行かれる際には是非訪れてみてくださいね。
プロフィール

TON

Author:TON
ここちいい毎日を過ごしたくて
すきなこと
すきなもの
すきなひと
そして自分
に寄り添っていきたい私の色々を綴ります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示