スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の日々を終えて

夏のオーストリア旅行で列車からスマホで撮った一枚。
ホーエンザルツブルク城

ザルツブルクとその周辺には大好きな友人達が住んでいる事もあり、
今回ザルツブルクに一番長く滞在しました。
滞在中は友人達に沢山のサポートと温かい気持ちを頂き、
できる事ならしょっちゅう行き来したい。。。


オーストリア最終日。
ウィーンのシュテファン大聖堂へ。

大聖堂内のコンサート。
コンサート開演前に某SNSを通じてやり取りさせて頂いているSさんにご挨拶。

子どもの頃から大好きな
ヴィヴァルディ「四季」
を聴きました。
素晴らしい演奏と大聖堂内の響きに身を預け、
心穏やかな気持ちに、、、
コンサート終演後後、
大聖堂内での演奏会プロデュースされているSさんのお計らいで特別に撮影させて頂きました。

祭壇にもあげていただくという大変光栄な体験もさせて頂きました。
この後、Sさんには食事からカフェでのワインまでご一緒頂き大変感謝しております。




実は、、、
旅先で数年越しのセレモニーを挙げました。。。

今更という気持ちもありましたが、
アラフォーからアラフィフになる前に、、、
友人達の多大なサポートのおかげで愛溢れる時間を過ごすことができました。



この旅の中で、
友人のはからいで偉大なマエストロにお会いした際にお言葉をいただいたり、
とある演奏会では素晴らしいソプラノ歌手にお会いし立ち話をする、
という光栄な体験もしました。




沢山の荷物、

(*初日にロストしたキャリーバッグ返ってきました)
に感謝と思い出を詰め込んで帰国しました。




今回は友人・知人のサポートがなければこのような素晴らしい経験はできませんでした。
ここには書く事の出来ない大変な数年を過ごした海外生活を経て、
日本で私との生活を選んだH氏。
その海外での頑張りの中で得られた友人達からのサポートがどれだけ嬉しかったか、、、
2人で感謝の涙したのも素晴らしい思い出となりました。


帰国して忙しい日々に戻ってからも、
旅行時を思い出しては感謝し、
ここちよい暮らしができるよう、、、
その気持ちを大切にしていこう、、、
と想いを改めています。


ありがとうございます。。。





スポンサーサイト

インスブルックでハイキング

10月に入ったというのにまだ夏休み第2弾旅行の続きです。。。

5泊したザルツブルクをあとにしてインスブルックに列車で移動。
この町はH氏もよく知らないとかで、地球の歩き方をみて予習。。。
ホテルにチェックイン後、街中をウロウロしてみました。
有名な黄金の小屋根。

クリスタルで有名なスワロフスキーの本拠地が近くにあるからか、
日本ではお目にかかれない大型店がありました。
建物の1階がアーケードのようになっている。。。

バロック様式の古い建物。

ウィーンやザルツブルクとは町並みが違います。

翌日に備えてインスブルックカードを購入しました。

指定の公共交通機関や博物館などフリーで入れるカードです。
我が家は24時間指定のにしました。

翌日、、、
我が家にしては早起きして路面電車に乗り込みます。
乗り継いだ路面電車は山を上がり、、、
目的地最寄駅からは徒歩。。。
現地の人に道を聞きつつ辿り着いた、目的のゴンドラに乗り込みます。

下に見える町並みがインスブルック市街。
随分と上がってきました。。。

ゴンドラが上がりきった場所にはオリンピックマークが!!
インスブルックは冬季オリンピックが開催された地なのです。。。
ここにはボブスレーのコースがありましたよ。


こんな上まで来たのはハイキングをしようという目的。
あまり運動しない我が家ですが、自然好き景色好きなのです。。。
この為にハイキング用の靴などを日本から持参。

ここはチロル地方。。。
カウベルを付けた牛さんが放牧されており、
その牛さんの間を通り抜けてハイキング開始です。

険しい道はあまり無いので、私のような普段運動しない人も気楽に歩けます。
但し、最低スニーカーは必要。。。
途中で景色を楽しみながら進みます。

途中でシスターとすれ違いました。
サングラスに登山靴で颯爽と歩くお姿、カッコ良かったです。

一面のお花を楽しむ事もできました。

ところどころに我が家の庭にもある白いヤロウが咲いていました。


2時間ほど歩いて山小屋に到着。
ここでランチをしました。

チロル地方独特のシュぺっクというベーコンのようなものとチーズの盛り合わせ、
シュペック入りクヌーゲル(パン粉の団子のようなの)のスープ。
インスブルックではここが一番美味しかったのかも、、、というくらい美味しかったです。
ドリンクはビールを柑橘類を混ぜたラドラーというもの。
アルコール度低く美味しいのです。。。

美味しいランチの後もまだまだ歩きます。

途中で何度も休憩して景色を楽しみ、
3時間半くらいは歩いたでしょうか。。。
到着した場所にある山小屋で少し休憩して下山。
なんと下山はスキーのリフト!!
この時点で陽が傾き冷えてきたのでウインドブレーカーを着こんで乗り込みました。
最初は一人用リフト。

降りる景色も素晴らしかったのですが、少々怖かった。。。
前にはH氏(笑)
乗り継ぎは2人用リフト

スキーを履かずに、それも降りるのにリフトという初めての経験は
景色は楽しめましたがスリリングでもありました。

下山した場所は最初にゴンドラに乗った場所から随分と東に行った場所でした。
そこからインスブルック市街まではバスで移動。

途中でオリンピック会場横を通りかかりました。

上の写真、少し分かり辛いですが、スキージャンプ台が見れました。
このジャンプ台は東京の新国立競技場のデザインで色々あった有名建築家ザハ女史のデザインなのだそう。。。


チロル地方の景色を存分に楽しめたインスブルックでのハイキングでした。




ザルツブルク音楽祭

今回の旅のメインはザルツブルク音楽祭に行く事でした。
ザルツブルク音楽祭の開催時期は7月の終わりから9月の始めにかけて。
毎年11月に翌年のプログラムが発表となります。
ザルツブルク在住友人seppさんのおかげでプログラム発表から僅かな期間で立派な全プログラムが載った冊子が日本の我が家に届きました。
このプログラムを見て、行ける日時に開催されるプログラムのチェックをし、予算に見合う席の確保についてをseppさんに相談しオーダー。
それと同時に飛行機とホテルの予約も済ませ、、、
と、大抵の手配は昨年のうちに終え、あとはお願いした公演チケットが希望通りに手に入るかを待つのみでした。
そんなこんなで8ヶ月待ってのザルツブルク音楽祭だったのです。
ウィーンからザルツブルクに到着した夜。
ザルツブルク音楽祭で最初に行った会場、

この写真では分かりにくいですが、
ドレスアップした方が沢山!
にそれを見に来る人も沢山!
音楽祭に来たのだわ~~という別世界がそこにはありました。
会場内の広間。

開演前や中休憩時にこちらでドリンクを購入
この日の公演はオペラ《ドン・ジョバンニ》

人気歌手ダルカンジェロの歌声の素晴らしさと分かりやすい演出で、
とても良い公演でした。
幼いお子さんには???だと思われる内容に笑いが起こる、、、
公演後の会場外

オペラを観終わった方々の社交の場。
夜のオペラ公演なので、それらしいドレスアップを。

オペラ鑑賞の後に食事に行ったホテルにてsepp氏撮影。
1日空けて行ったのはオペラを観た会場のお隣。

この日はウィーンフィル♪

大人気マエストロ、ムーティ指揮でした。
そして、コンマスは前回ウィーン楽友協会で写真を撮っていただき、
日本でのソロリサイタルにも行った事がある、
ライナー・キュッヒル氏。
キュッヒル氏はザルツブルク音楽祭を最後に定年が決まっており、
まさかキュッヒルさんのコンマスのお姿をザルツブルクで聴けて感激でした!
ムーティ指揮でキュッヒルさんのコンマス、、、
贅沢過ぎです。
演奏が終わって最後にマエストロとの握手の時には写真を撮らずにいられませんでした。

素晴らしい演奏でした!!
この日はお昼公演だったので、
それなりの少し軽めなドレスアップで。

名古屋からいらしていたKさんに撮影いただきました。
ザルツブルク最後の夜に行ったのは、
ロジャー・ノリントン指揮のカメラータ・ザルツブルクの演奏。
ノリントン氏は私の中ではマエストロという域を超えた方という認識の大指揮者です。

美しい会場です

後半のベートーヴェンがとにかく素晴らしく、
ノリントン氏のタクトとカメラータ・ザルツブルクの相性の良さを感じずにはいられませんでした。
出来る事ならもう一度聴きたい!

カメラータ・ザルツブルクには日本人友人2人が所属していますが、
その他にも日本人が何人も居て(皆んな女性)、
日本人のレベルの高さと女性のバイタリティの素晴らしさを感じました。
この日は演奏会前にもイベントがあったので、髪の毛を現地美容院でセットしてもらいました♪

演奏会にご一緒したsepp氏撮影
この会場の中庭にはモーツァルトが〈魔笛〉を作曲したといわれる小屋が移築されていたり、
演奏以外にも見所がありましたよ。
今回は3つの演目を聴く事ができたザルツブルク音楽祭。
我が家のH氏が在住中には売れ残ったチケットなどを格安でかなり贅沢に楽しんでいたらしい。。。
おかげで耳だけ肥えています。。。
話を聞く度に羨ましく思っていた私。
ようやく実現した音楽祭、それは贅沢で素晴らしいものでした。
また来れるよう、頑張ろうね。
と誓った我が家なのでした。。。
プロフィール

TON

Author:TON
ここちいい毎日を過ごしたくて
すきなこと
すきなもの
すきなひと
そして自分
に寄り添っていきたい私の色々を綴ります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。